骨折における守りの施術と攻めの施術の違い

ソース画像を表示

当院には、様々な競技の様々な年代の学生が施術を受けに来てくれています。

最近来ている学生の中に、足の甲を疲労骨折した男子高校生がいます。

多くの疲労骨折が、ハードな練習の積み重ねにより、筋肉が疲労を起こして硬くなってしまい、その硬くなった筋肉が付着部を引っ張っることで、筋肉の付着部(骨)が炎症を起こしてしまう状態のことを言います。

 

疲労骨折は、やっている競技によって起こりやすい場所が違います。

それは、そのスポーツの特徴的な動作であったり、その動作の中でよく使っている筋肉があるためです。

 

多くの一般的な整形外科や整骨院や整体院での施術は、骨がくっつく目安の期間が経つまで待つという守りの施術になります。

時間が解決してくれるため、施術としては固定をして様子を見ながら時間が経つのを待つだけで、それ以外に何をするというわけではありません。

 

当院の施術は、特殊な電気の機械での通電により、骨折している周辺の細胞を活性化させることで良くなることを促すような攻めの施術になります。

最短での症状の改善を目指していきますが、選手の置かれている状況などを鑑みて、臨機応変に対応しています。

 

疲労骨折になってしまったら、正直しょうがないです。

ですが、競技への早期復帰のために攻めの施術をする当院は、必ず困っている方々のお力になれると思っています。

もちろん、施術に通う頻度や通電する頻度にもよりますが、当院は最短での競技への復帰を目指し、攻めた施術によりしっかりサポートいたします。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでご相談ください。

電話でのお問い合わせの場合、折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL