足をつるとは?

本日は、足をつるとはどういうことかをお話いたします。

足以外にも、つる場所は様々あります。

本日お話するのは、足についてですが、どこをつっても基本的には同じ状態ということになります。

 

足をつると、もちろん痛いですよね。

つった状態が理解出来ていないと、どうしていいかも分からないと思います。

逆に言うとそれが分かっていると、どうすればいいかが分かりますので、痛みに苦しむ時間が短くなります。

 

つっている状態とは、筋肉に力が入ってしまい抜けなくなっている状態のことです。

筋肉は伸びたり縮んだりするのですが、縮んだ状態になり伸びなくなってしまっている状態が、つっている状態です。

 

ですから対処法としましては、筋肉を伸ばせばいいのです。

ふくらはぎをつっている状態ならば、アキレス腱伸ばしのストレッチ(壁に手をつき、足を前後に開き、ふくらはぎを伸ばす)、ももの裏をつっている場合はもも裏のストレッチ(上向きに寝て、つま先を持ち、膝を伸ばす)をしてください。

必ず焦らず落ち着いて、伸びているなぁと感じるくらいでストレッチをしていただくととても効果的です。

 

つってしまって時間が経ってしまうと、違和感が残ることがありますので、つったらすぐやるようにしてくださいね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL