足の疲れ

本日は、足の疲れについてお話させていただきます。

足をつりやすい

むくみやすい

重だるさが抜けない

このようなお悩みはありませんか?

 

これら全てに共通して言えるのが、血流の悪さです。

ふくらはぎは、第2の心臓と呼ばれています。

それは、足先にいった血流をふくらはぎの筋肉の力(筋ポンプ)で心臓に戻すため、そのように呼ばれています。

筋肉に疲労が溜まり硬くなることで、伸び縮みがうまくいかなくなり心臓に戻す力が弱くなります。

筋力が低下してしまうことでも、心臓に戻す力が弱くなります。

このようなことが、ふくらはぎのつりやすさやむくみやすさや重だるさが抜けない1番の原因になってしまうのです。

 

ですから、ふくらはぎの筋肉のケアが普段から出来ていると、症状はかなり改善していきます。

ケアに関しては、ストレッチでもいいですし、ケアする道具を使ってもいいです。

歯磨きと同じように、習慣化させることが理想的です。

※ストレッチやケアをやらないと気持ち悪く感じるくらいという意味です。

なおかつ、苦痛なく毎日続けられるようなやり方が理想的と言えるでしょう。

何かをしながら効率のいいやり方で、しかも高い効果が得られるようなやり方でやっていただけるのが1番だと思います。

当院では、患者様にセルフケアをお伝えする時にはそういうことを意識して、やり方をお伝えしています。

セルフケアのことなど、何でも聞いてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL