足がつっている状態とは何が起きている状態なのか?

ソース画像を表示

みなさんは、足をつったことがありますか?

運動をしている方や、運動をしていた方などは、経験したことがあるのではないかなと思います。

経験したことがない方は、足をつるという感覚が分からないと思いますので、本日は足をつるとはどういうことかということをお話いたします。

足をつることの別の言い方として、こむら返りという方も多いです。

他にも地域によって、「コブラ返り」や「からす返り」や「からすまがり」などの言い方があるようです。

つってしまう状態に関しては、足以外にも様々な場所で起こります。

本日お話するのは、足についてですが、どこをつっても基本的には同じ状態ということになります。

 

足をつると、とても痛いですよね。

つった状態がどういう状態なのかを理解出来ていないと、どうしていいかも分からないと思います。

逆に言うとそれが分かっていると、どうすればいいかが分かりますので、痛みに苦しむ時間が短くなったり、余韻が残らなくなります。

 

つっている状態とは、筋肉にギュッと力が入ってしまい、抜けなくなっている状態のことです。

筋肉は動きの中で伸びたり縮んだりするのですが、縮んだ状態になり伸びなくなってしまっている状態が、つっている状態です。

 

ですから対処法としましては、とても簡単です。

縮こまった筋肉を伸ばせばいいのです。

ふくらはぎをつっている状態ならば、アキレス腱伸ばしのストレッチ(壁に手をつき、足を前後に開き、ふくらはぎを伸ばす)、ももの裏をつっている場合はもも裏のストレッチ(上向きに寝て、つま先を持ち、膝を伸ばす)をしてください。

痛みがあって少しパニック状態になりがちですが、必ず焦らず落ち着いて、伸びているなぁと感じるくらいの感覚でストレッチをしていただくととても効果的です。

 

つってしまった状態を放置して、時間が経ってしまうと、痛みや違和感が残ってしまうことがありますので、つったらすぐに伸ばす動作をやるようにしてくださいね。

これから暑くなってきて、足をつる危険性が高くなってきます。

万が一の際は、本日の内容を思い出していただけると幸いです。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にこちらのLINEからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせの場合は、折り返しに時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL