術後や固定後の動きの悪さにも効果あり

ここ数日で同じようなお問い合わせをいただいております。

お一人は指を骨折して固定していて、良くなったため固定を外したらほぼ指が動かなくなっているという方。

もう一人は、足首の靭帯を断裂してギプスで固定していて、外したら足首が痛くて動かないという方。

どちらも、一体何が起きてしまっているのでしょうか?

それは、関節拘縮という状態です。

簡単に言うと、固定の期間が長く、動かすことがなかったため、関節が固まってしまい動かなくなってしまう状態のことです。

 

一般的な整形外科や整骨院や整体院では、痛いのを我慢させながらリハビリとして動かすということをします。

これは、涙が出るくらい痛いです。

しかも数回くらいの施術では全く効果が出ませんし、効果が出ていると実感できる場面が少ないので、気が滅入ります。

それを、何回も何回も続けてやらなければいけないと思うと、痛みがどれくらい出てしまうかをしっている私からすると、ゾッとします。

 

それを当院では、早い段階で効果が出るように、特殊な電気の機械を使って施術をしています。

もちろん痛いことは痛いです。

ですがその痛みが最小限で済むように、なおかつその苦痛が少ない回数で済むように、施術が出来ます。

 

拘縮の症状でお悩みの方、ゴールの見えない施術よりも、ゴールの見える施術の方が良くないですか?

早くその痛みや不自由さから解放されたくありませんか?

 

それを、早い段階で実現出来るような準備をしてお待ちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL