腱鞘炎の症状を未然に最小限にする方法

ソース画像を表示

本日は、腱鞘炎についてお話いたします。

腱鞘炎と言うと、手首や指先を使いすぎてしまうことにより、痛みが出てしまうイメージだと思います。

実際に、産後の女性や、手先や手首を酷使する仕事、手先や手首を酷使するスポーツをされる方に多く起きてしまう腱鞘炎ですが、日頃からのケアで症状を最小限に出来るのをご存知でしたか?

 

腱鞘炎とは、腱が通る腱鞘というトンネルのようなものが炎症を起こしてしまうことを言います。

いわゆる手首や指先の使い過ぎで起きる場合がほとんどで、手首や指先を使わなくしていくと症状が軽減していきます。

ですが使わなくするということは、子育てを休んだり、仕事を休んだり、スポーツを一切しないようにしたりと、なかなか現実的ではありません。

ですから、前もった対策で、症状が最小限に済むのなら助かりますよね?

 

まず腱鞘炎の症状が出てしまっている場合は、炎症を引かせるようなことをしなければなりません。

方法としては、氷を袋や氷のうに入れて、痛い場所の感覚が無くなるまで冷やしましょう。

保冷剤でのアイシングは、凍傷のリスク等を考えた上で、私はオススメしません。

必ず氷を使ってアイシングをするようにしましょう。

目安としては、15~20分くらい冷やすと痛い場所の感覚は無くなります。

アイシングは、痛い場所の感覚が無くなるまでやらないと効果は期待出来ませんので、時間を目安にするのではなく、冷やしている場所の皮膚の感覚を目安にするようにしましょう。

 

あとは、前腕(肘から手首の間)の筋肉の張りが取れると、腱鞘炎の症状は軽減していきます。

これが、腱鞘炎の症状を最小限にしていくことにも繋がりますので、普段から手首や指先を酷使している方は、現時点で痛みがなくても積極的にやるようにしましょう。

やり方としては、前腕(肘から手首の間)を、気持ちいいから痛気持ちいいくらいの感覚でマッサージしてください。

痛いと感じながらやる場合は、筋肉が反射的に力を入れてしまうことがありますので、効果が出る出ないどころか、症状が悪化するリスクがありますので、必ず気持ちいいから痛気持ちいいくらいの感覚でマッサージをするようにしましょう。

 

腱鞘炎の場合、使わないように言うのは簡単です。

ですが、そのような非現実的なことを言う先生こそ、全く信用出来ないと思っております。

当院では、腱鞘炎の痛みが最短で軽減・改善していくように施術させていただきます。

まずは上記のやり方をやっていただき、それでも腱鞘炎の症状が改善しない場合は、当院にご相談いただければと思います。

腱鞘炎のことで何かご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は、LINEを使っていただけるとスムーズにやり取り出来ますので、LINEをご活用ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL