腱板断裂とは?

腱板断裂という言葉を聞いたことがありますか?

ほとんどの方が聞いたことがない言葉だと思います。

腱板が断裂するのが、腱板断裂なのですが、そもそも腱板とは何なのでしょうか?

 

腱板とは、肩関節を支えている4つの筋肉のことです。

棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋

この4つの筋肉です。

大半の方が、4つ全てが初めて聞く筋肉の名前だと思います。

この4つの筋肉のことが詳しく知りたい方は、お調べになってみてください。

 

腱板断裂で最も多いのが、棘上筋の腱の断裂です。

若い年代の場合は、衝撃で断裂する場合もあります。

その場合は、ほとんどのもので痛みを伴います。

年齢を重ねている方に多いのが、年齢とともに身体の中の水分量が失われていき、かつよく使うことで摩耗してしまい擦り切れる場合です。

その場合は、ほとんどのもので痛みを伴いません。

これが厄介なのは、摩耗して切れている場合は気付かないパターンが多いことです。

一見、切れたら分かりそうなものですが、摩耗して切れる場合は、音もしませんし、切れて動かせなくなる部分を周りの筋肉を使うことにより代償できるため、気付きにくいというかほぼ気付きません。

断裂していることに気付かずに、周りの筋肉を酷使してしまい、症状が出ている時には重症になってしまっているというパターンが非常に多いです。

そうならないためには、肩を積極的に動かすということと、動かした時の少しの違和感に気付けるようにアンテナを張っておくということが重要です。

身体の痛みや不調も、早期発見早期施術がとても大切です。

身体が出すサインを見逃さないようにしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL