股関節の重要性

股関節の動きの悪さが、腰痛や膝痛を引き起こしてしまう可能性があることを、みなさんは知っていますか?

股関節は、様々な方向に動かせる特殊な関節です。

様々な方向に動かせるからこそ、様々な筋肉がその動きに関係しています。

股関節の動きが悪くなってしまうと、腰の骨(腰椎)と骨盤の動きも悪くなってしまいます。

身体の動きは、様々なところが連動して動いていますので、それが腰痛や膝痛を引き起こしてしまうきっかけになってしまうことが多々あります。

 

動きの悪さの原因になってしまうことは、大半が筋肉の硬さです。

先ほど言いましたように、股関節は様々な筋肉が動きに関っています。

ですから筋肉の硬さが取れていくと、股関節の動きの幅が広がり腰痛や膝痛の症状の改善が見込めるというわけです。

まずは股関節を様々な方向に動かすということをやってみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL