肘の痛み

本日は、肘の痛みについてお話させていただきます。

肘の痛みと聞くと、テニス肘や野球肘を連想する方がいらっしゃると思います。

テニス肘は正式名称を「外側上顆炎」と言いますし、野球肘は正式名称を「内側上顆炎」と言います。

簡単に言うと、テニス肘は肘の外側に痛みが出るもので、野球肘は肘の内側に痛みが出るものということです。

 

肘の外側の筋肉は、肘を伸ばしたり手や指を伸ばす時によく使う筋肉です。

肘の内側の筋肉は、肘を曲げたり手や指を曲げる時によく使う筋肉です。

筋肉の硬さによって、筋肉の付着部が引っ張られてしまい、炎症を起こしてしまうというのがテニス肘や野球肘の特徴です。

ですので、仕事や家事や運動で腕や手をよく使うような方は、なってしまうリスクが高いと言えます。

特に前腕のストレッチを効果的にやっていただくと、症状が悪化していくことはなくなっていきます。

やり方をこちらでお伝えするのが難しいので、「前腕ストレッチ」で検索していただいてヒットしたのをやっていただけると十分だと思います。

それでもダメな時は、当院で治療させていただければと思いますので、お気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL