筋肉痛ってどうなっているの?

ソース画像を表示

本日は、筋肉痛についてお話いたします。

今まで一度も筋肉痛になったことがないという方は、あまりおられないかと思います。

激しい運動の後や、いつもと違う動作の繰り返しなどで起きてしまう筋肉痛ですが、一体筋肉がどうなっている状態なのでしょうか?

そして、筋肉痛には何が効果的なのでしょうか?

本日はその辺りを詳しくご説明いたします。

 

まず筋肉痛とは、筋肉の繊維が傷ついて破壊されている状態のことです。

ですから、動きをすると痛いということが起きますし、放っておくと2~3日で痛みは落ち着いていくということが起きます。

自分の筋力以上に筋肉が頑張ってしまうと、筋肉の繊維が部分的に微細に断裂したりして破壊されてしまいます。

いわゆる炎症が起きている状態になりますので、対処法として効果が高く期待できるのは、すぐに冷やすということです。

冷やすのが早ければ早いほど高い効果が期待出来ます。

ですから、何か負荷がかかる動作をやった直後に氷や冷水を使って冷やすというのを出来る限り早急に行うようにしてください。

そして、筋肉痛がおさまってきたタイミングで、ゆっくり温めるというのをしていただけると、早いリカバリーへと繋がっていきます。

ぬるめのお湯(今の時期だと37~38℃)で30分間ゆっくり半身浴をしていただけると、非常に高い効果が期待出来ます。

 

筋肉痛は、筋肉が破壊されているというサインになります。

修復されると、筋力がついているという状態になります。

確かに痛みは出ますが、前向きに考えていただき早い回復に向けてケアをしていただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL