睡眠時間を確保するための様々な選択肢

ソース画像を表示

みなさんは、日々の睡眠時間をどれくらい確保出来ていますか?

身体を回復させるために、睡眠が重要なんてことは、みなさん正直聞き飽きていると思います。

睡眠時間を確保するために、実際にどんなことをするのが自分に合っているのか、それが具体的に分かるように、本日はヒントになるようないくつかの選択肢をご紹介いたします。

 

1、朝食やお昼のお弁当は前日の夜のうちに準備しておく

次の日の朝食とお昼のお弁当は、前日の晩ご飯の準備と一緒にやるのが理想的です。

それが習慣的に出来るようになると、朝からの時間が浮くようになり、睡眠時間が確保出来るようになります。

 

2、寝る前にSNS等を見たり携帯ゲームをしない

どうしても、寝る前に暇つぶしとしてやってしまいがちだと思いますが、やめましょう。

SNSや携帯ゲームというのは、夢中になるように作られているので、見はじめてしまうと抜け出せなくなります。

気付いたら1~2時間経っていたなんて経験をしたことある方も多いのではないでしょうか?

寝る前に見るのではなく、時間を決めて空いている時間に見るようにしていきましょう。

 

3、ルーティーン化する

考えたり、悩んだりすると時間がかかってしまいます。

ルーティーン化することで、次に何をするのか明確になりますので、迷う時間が無くなります。

自分のライフスタイルに合わせたルーティーンを作るのがオススメです。

【私自身の寝る前のルーティーン】

・子供とお風呂

・子供と歯磨き

・子供を寝かしつける

・夫婦の時間

・寝る

 

4、洗濯物は畳まない

洗濯物を畳むのって時間がかかりますよね?

畳まなければいけないという決まりはありません。

ハンガーにかけたまま収納すると、畳む作業がなくなります。

収納スペースが確保できない場合はしょうがないですが、収納スペースが確保できる方は、ハンガーにかけたままでの収納に変えてみましょう。

 

5、ロボット掃除機を活用

最近のロボット掃除機はとても優秀です。

最近では、拭き掃除もやってくれるロボット掃除機もあります。

外出時や寝ている間などに活用すると、掃除の手間と時間が省けます。

当院や自宅でも、導入を検討中です。

 

自分の生活スタイルに合わせて、出来ることから少しずつはじめていけるといいと思います。

はじめてみて、自分に合わないのであれば、元に戻してもいいと思います。

簡略化出来る部分は簡略化して、十分な睡眠が取れる時間を確保することに努めましょう。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、こちらからお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、折り返しに時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL