痛みを放っておくと

ソース画像を表示

痛みというのは脳で判断をして、身体に「このままだと危険だよ」と知らせる際に感じているものです。

様々な研究の中で、人間の脳というのは危険か安全かで物事を判断しているということが分かっています。

痛みというのは、危険の部分です。

ですから痛みを放っておいてしまうと、脳からすると「危険を知らせているのに気付いてくれない」となるのです。

そうするとどうなってしまうかと言うと、「もっと強い痛みを感じさせて危険に気付いてもらわなくちゃ」ということになるわけです。

 

よく、強い痛みで来院される方は、前兆に気付いていたとおっしゃいます。

気付いていたけど、何も対処しなかったため、上記のような身体の働きが起きてしまったのです。

痛みは放っておかずに、ストレッチなどのセルフケアで対処するか、それでもダメなら病院や整骨院や整体院に行って施術を受けるようにしましょう。

 

当院では、時間の経過を待つ従来の施術でなく、こっちから痛みを改善させにいく施術が出来ます。

どういうことかは、来ていただいて施術を受けていただけると分かると思います。

どこに行って施術を受けようか考えている方は、是非当院での施術を前向きに検討いただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL