痛みや不調の場所が変化する

当院には、様々な症状の方が来院されます。

1か所だけの痛みや不調の方もおられますし、何か所も痛みや不調がある方もおられます。

施術を続けていくとよくあるのが、痛みや不調の場所が変化するということです。

これは、施術を進めていく上ではいい兆候ということが多い身体の変化です。

 

痛みや不調というのは、実はほとんどの場合で様々な場所に存在しています。

その中でも人間の脳は、一番痛みや不調を感じているところを症状として感じています。

ですから痛みや不調の場所が変化するということは、一番に症状を感じていた部分が改善されてきて、二番目の痛みや不調が出てきているということが言えます。

いい兆候として身体が出しているサインですので、

「違うところが痛くなってきた」

とネガティブに考えるのではなく、

「これは良くなっていく兆候だ」

とポジティブに考えていただければと思います。

 

考え方や、気持ちも症状を悪化させたり改善させたりする要因の一つになります。

難しいかもしれませんが、何事にも極力ポジティブに考えることが出来るように、様々なことを前向きに考えるようにしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL