痛みについて

本日は、痛みについてお話いたします。

痛みにも、様々なものがあります。

本日はその様々な痛みの中でも、当院に来られる方に多い痛みについてお話いたします。

特にその中でもその対処法についてお話いたします。

 

痛みには、大きく言って2種類あります。

1つ目が炎症がある痛み。

2つ目は炎症がない痛み。

です。

 

1つ目の炎症がある痛みの特徴は、安静時の痛みです。

よく、炎症があるかないかの違いを教えてほしいと言われます。

簡単な見分け方は、じっとしている時に痛みがあったり、患部が赤くなっていたり、熱を持っていたりというところで判断が出来ます。

炎症がある時の痛みについての対処法は、2つです。

1、安静にする

2、痛みがある箇所を冷やす

この2つです。

 

2つ目の炎症がない時の痛みの特徴は、動かすと痛いということです。

炎症がない時の痛みというのは、ほとんどが筋肉や腱が硬くなっていることが原因です。

硬くなった筋肉や腱が伸び縮みをする際に、付着部に張力がかかり痛くなってしまいます。

ですから、動かした時に痛みが出るのです。

炎症がない時の痛みについての対処法も、2つです。

1、温める

2、痛みが出ないくらいの範囲で動かす

この2つです。

 

このような対処法をやっても、なかなか痛みが改善しない場合は、是非当院で診させていただければと思います。

年末年始が近づき、忙しくなってくるからこそ、自分の身体に向き合う時間を作っていきましょう。

痛みが出る前に早めに受診してくださるのが一番です。

お問い合わせお待ちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL