痛みとは何なのか?の本質を知っています

私の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

一般的な整骨院や整体院の、痛みに対してのアプローチの仕方は、ほとんどが患部に対して直接アプローチをしていきます。

その際、患部に痛みの原因がある場合は、痛みが改善していくことが多いです。

ですが、痛みの原因が患部にない時というのは、施術の効果はほとんど出ません。

そのような時に、多くの施術する人間が言うのが、「負担が溜まっている」「こり硬まっている」などという言葉です。

実際に、ケガ以外の痛みや不調に関して言うと、その原因が患部にあるということは、ほぼほぼありません。

「負担が溜まっている」という言葉や、「こり硬まっている」という言葉は、患部の施術しか出来ないということが表れている表現になります。

 

私は、

痛みとはそもそも何なのか?

ということの本質の部分を理解しています。

 

ですから、

どうすれば痛みが取れるのか?

ということも、理解をしています。

 

実際に痛みとして感じている部分である、「結果」の部分に対しての施術だけでは、症状が変化しても改善はしません。

「原因」の部分に対して施術してこそ、改善という部分が見えてきますし、再発をしないという部分も見えてきます。

 

改善や再発をさせないということが出来る施術こそ、私に求められていることだと思っております。

そこが出来るからこそ、沢山の方が私を頼ってくれているのだと思っています。

私を頼ってくださる方々の期待に応えられるよう、これからも研鑽に励んでいきます。

痛みや不調でお悩みの方は、是非私を頼っていただければと思います。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしているため、折り返しに時間がかかる場合があります。

あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL