痛みが強い時の対応

痛みが強い時にやるべきことは、極力痛みを感じないような姿勢を探すことです。

人間の身体は、痛みを感じると防御反応を起こします。

無意識に、痛みがある周りの筋肉に力を入れて、痛くないようにするということをしてしまいます。

それが起きてしまうと、筋肉の硬さはどんどん広がってしまいます。

そうならないように、痛む姿勢は極力避けるということをしましょう。

痛み自体を感じると、無意識に防御反応をとってしまいますので、痛み止めを飲んで痛みが軽減するのなら、用法容量を正しく守り痛み止めを服用してください。

痛み止めを飲んでも痛みの変化が出ない場合は、飲んでも意味がありませんので、飲むのを中止してください。

シップに対する考え方も同じです。

効かない、効果を感じない方は、意味がないので貼るのを中止してください。

 

明日は痛みが強い時に、温めるor冷やすのどっちが正しいのかについてお話いたしますので、お楽しみに。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL