痛みがある時に温めるのが正解か、冷やすのが正解か

捻挫した足の写真

痛みがある時に、温めるのが正解なのか?冷やすのが正解なのか?

迷った経験がある方は、多いのではないでしょうか?

 

痛みが出ている場所の状態により、痛みが出てから早い段階で、温めるか冷やすかという処置をするだけで、症状の変化・改善が劇的に早まることがよくあります。

温めるか冷やすかどちらか迷ってしまう方や、どんな状態でも冷やすという方がいたりしますので、簡潔にご説明いたします。

簡潔に言うと、

炎症があれば冷やす。

炎症がなければ温める。

これが正解です。

私のように、施術に関わる仕事を長年やっていると、炎症の有無というのはすぐに分かります。

ですが、多くのみなさんからしたら、炎症があるかないかの判断という部分が難しいですよね?

炎症があるかないかの簡単な見極めの方法をお伝えします。

 

①炎症がある場合

安静にしている状態(じっとしている状態)でもズキズキ痛む場合

②炎症がない場合

安静にしている状態(じっとしている状態)では痛くない場合や、動かす時にだけ痛みが出る場合

 

稀に例外もありますが、基本的には安静時の痛みというのを、炎症があるかないかの判断の目安にしていただければと思います。

炎症がある場合は、積極的に冷やしましょう。

冷やす方法としては、保冷材ではなく氷を使うようにしてください。

氷を袋や氷のうに入れて、痛い場所を中心に皮膚の感覚が無くなるまでを目安に冷やしましょう。

炎症がない場合は、温めるのが効果的です。

動かす時にだけ痛むようなら、筋肉の硬さにより痛みが出ている可能性がありますので、積極的に温めましょう。

ぬるめのお風呂(38~40℃)で半身浴を30分間やると、とても効果的ですので、お試しください。

 

温めるか冷やすか迷った際は、今日の内容を思い出していただけると嬉しいです。

それでもどちらか迷ってしまう場合は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせの際は、LINEをご活用ください。

電話でのお問い合わせの場合、折り返しに時間がかかることがありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL