病院の手術で症状が再発してしまう理由

ソース画像を表示

当院は、重症な症状の方を専門的に診させていただいているということもあり、様々な症状の方がいらっしゃいます。

ということは、今までに様々な場所で様々な施術を受けてきたという方が来られることがとても多いです。

病院で手術しかないと言われたから手術をしたけれど、症状が再発してしまい、さらに手術前よりも症状が悪化してしまったとおっしゃる方や、ご身内の方やご友人の方が同じようなことになってしまったため、絶対手術はしたくないとおっしゃる方など、手術に対しての嫌悪感をお持ちの方がとても多いです。

病院では、

手術=良くなる

という説明をされるのに、なぜ手術をしても症状が再発してしまうのでしょうか?

 

それは手術という方法そのものが、症状の根本的な改善には繋がらないことが多いからです。

病院でやっている手術のほとんどが、結果に対してのアプローチです。

腰の椎間板ヘルニアの手術を例としてお話いたします。

腰の椎間板ヘルニアとは、腰の骨と骨の間の椎間板と呼ばれるクッションのようなものが飛び出してしまい神経に触れてしまうことで、痛みやしびれなどの強い症状が出てしまうというものです。

病院は、

飛び出したものを削れば症状が改善していく

という考え方です。

ですから手術を勧めるのです。

ですが、飛び出して神経に触れて症状が出るということは結果の話になります。

なぜそうなってしまうのか?

ということに対しては、手術では一切アプローチしていません。

そのなぜそうなってしまうのか?の部分に対してのアプローチが出来ない限り、いくら手術をして飛び出したところを削っていっても、同じことの繰り返しになってしまいます。

病院での手術では、原因の部分に対して何も出来ていないことが多いため、症状が再発してしまうことが多いのです。

 

当院では手術は出来ませんので、なぜそうなった?という部分を改善させていく施術をしていきます。

つまり、原因に対してのアプローチをしていくということです。

ですからほとんどの方が、椎間板が飛び出しているという結果の部分は変わらないのですが、症状が改善していくということが起こります。

以前、理学療法士の方が重度の椎間板ヘルニアになられて当院で施術を受けておられたのですが、手術をせずに症状が改善したことに非常に驚かれておりました。

さらにその方は、ご自身が勤めてらっしゃる病院でMRIを撮られて、当院で施術をする前(症状が強く出ていた時)のMRIの画像と、当院で施術をした後(症状が改善した時)のMRIの画像が全く同じ画像だったため、より驚かれていました。

MRIやレントゲンの画像というのは、診断する際に非常に有効なものです。

とても精度の高いものではありますが、

画像=症状

ではないことも沢山あります。

当院では、病院での診断名を鵜呑みにすることなく、様々な可能性を考えながら、臨機応変に施術をしていきます。

 

病院で手術しかないと言われてしまったけど、手術はしたくないという方や、手術に対して嫌悪感がある方は、まずは当院にご相談ください。

お問い合わせの際は、LINEをご活用ください。

電話でのお問い合わせの場合、折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL