疲労骨折の施術

当院には、疲労骨折を起こして、または疲労骨折寸前で施術に来る学生が多くいます。

そもそも疲労骨折とは、その名の通り疲労が溜まって骨折してしまうことです。

もう少し詳しく言うと、疲労が溜まって硬くなった筋肉に引っ張られて筋肉の付着部が骨折してしまうことです。

これには段階があるのですが、ほとんどの場合チーム事情や指導者の事情があり、痛いのを言い出せずに対処が遅れてしまうということがあるため、症状が進んだ状態で施術がはじまることが多いです。

 

当院の施術は、特殊な電気の機械を使い、症状の改善が最短で進んでいくようにやっていきます。

一般的な整形外科や整骨院・整体院の骨折の施術に関しては、骨がくっつく目安の期間があるのですが、その目安が経過するまで待つという施術です。

時間が経たないと、改善しないという施術になります。

 

当院の施術は全く違います。

目安の期間を待つやり方とは正反対になります。

当院の電気の機械で施術をすると、目安の期間の3分の1の期間で改善すると言われています。

これは、この機械を扱っているサンメディカルさんの学術部という様々な症例・疾患に対して研究する部署で出しているデータなので、非常に説得力があり、確かな情報です。

 

実際に、当院の施術を受けている学生で、信じられないくらいの回復をする学生が沢山います。

あまりの改善に、親御さんや指導者の方が、その選手がウソをついているのではないかと、疑うということも沢山あります。

疲労骨折や疲労骨折寸前の状態で、早期復帰したいと考えている方は、私を頼ってみてください。

私を選んだことは、絶対に後悔させません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL