熱中症対策 熊本市東区 整体 水分補給 足をつる

毎日暑いですね。

体調管理に気を付けましょう。

 

今日は水分補給についてお話させていただきます。

この夏も猛烈な暑さが続いていますね。

熱中症対策に、水分補給が大事だということはみなさん知っていると思います。

 

ですが、具体的にどのような頻度でどれくらいの量を飲まなければいけないのか?

これを知っている方はすくないかもしれません。

しかも、間違った情報をいまだに実践してしまっている方も沢山いらっしゃるようです。

 

暑くて汗をかくので、水分補給をする。

それくらい簡単に考えていただいていいです。

難しく考えるとキリがありませんし、シンプルに考えた方が分かりやすいと思います。

 

汗を舐めるとしょっぱいですよね。

汗には身体の中の水分とミネラル分が含まれています。

水分補給の際に塩を舐めるといいとか聞いたことありませんか?

これに関してが、間違った情報を実践している方が多いのです。

 

今日は普段沢山汗をかく方と、普段あまり汗をかかない方とに分けてお話させていただきます。

まず、普段運動などで汗を沢山かく方に関しては、水分補給と一緒に塩を舐めるのもありです。(推奨はしません。)

というのも、汗を大量にかいて、水分だけをどんどん身体に入れていくと、身体の中のミネラル濃度が薄まっていき、足をつりやすいなどといった症状が出てしまいます。

ですので、推奨はしませんが塩を舐めるのもいい方法だと思います。

推奨しないのも、水分補給で何を飲むかによるからです。

スポーツ飲料だと、塩分が含まれているものもありますので、スポーツ飲料を水分補給で飲むのなら塩を舐めなくてもいいです。

水分補給に水を飲む場合は、塩を舐めてミネラル分を補給しても構いません。

 

普段あまり汗をかかない方に関しては、塩を舐めるのはやめた方がいいです。

それは、普段の食事でミネラル分は十分に補給出来ているからです。

身体の中のミネラル分の濃度が高くなりすぎても、色々な不調が出てきてしまいますので、普段あまり汗をかかない方は気を付けましょう。

普段あまり汗をかかない方に関しては、スポーツ飲料を薄めて飲むのも体液の電解質バランスに近づき、効果的なのでとてもオススメです。

 

量に関しては、身体の大きさによるので一概に言えませんが、1日に大体3~6リットルくらい飲むといいでしょう。

一度に大量に飲むのは難しいので、こまめに飲むのを心がけてください。

 

沢山水分補給をして、熱中症対策をしましょう!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL