炎症とは?

本日は、運動中に捻挫をしてしまった際の対処法をお伝えいたします。

運動中に捻った場合は、ほとんどの場合で炎症が出るのですが、実際に炎症があるかないかの判断が難しいと思いますので、まずはそちらをお話いたします。

 

炎症がある場合、身体にこのような反応が出ます。

 

1、発赤(患部が赤くなる)

2、熱感(患部が熱をもつ)

3、腫脹(患部が腫れる)

4、疼痛(患部が痛い)

5、機能障害(動かしにくかったり動かせない)

 

これを、炎症の5大兆候というのですが、捻挫した際にこのような反応がある方は炎症があると言えます。

炎症がある場合は、必ず冷やすということをしましょう。

目安は、皮膚の感覚が無くなるまでやってください。

氷が用意出来ない場合に、家に帰ってから冷やせばいいと思いがちですが、コンビニやスーパーに売ってある氷を買ってそれを使って冷やしてください。

早急に冷やすという処置が出来ていれば、その後の回復にかなりの違いが出ます。

早期復帰するためには、いかに早い段階で炎症を抑えられるかがカギになりますので、捻挫をしてしまった場合は、出来る限り早急に冷やす処置をしましょう。

 

当院の治療は、競技への早期復帰が可能な治療です。

逆に言うと、当院以外で早期復帰が可能な治療を提供できるところは存在しないと言っても過言ではありません。

 

大会まで時間がないという方、早く治して競技に復帰したい方、是非当院にご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL