激しい痛み

ソース画像を表示

身体の痛みや不調というのは、様々なものがあると思います。

当院には、様々な症状の方が来院されます。

とても重症で、日常生活にも支障をきたしてしまっている方も多いです。

痛みがあると、何もしたくなくなりますが、何もしないというわけにもいきません。

激しい痛みに悩まされると、次第に気持ちもネガティブになっていってしまいます。

長い間となると、それが特に顕著になります。

本日は、激しい痛みに悩まされた時に、応急処置として出来ることをお話いたします。

 

まず、じっとしていても痛みが強い方は、痛む場所をとにかく冷やすということをしましょう。

冷やすやり方は、保冷材ではなく氷を袋か氷のうに入れたものを使ってください。

冷やす時間は、触った皮膚の感覚が無くなるまでを目安にしてください。

大体15分~20分くらい冷やすと、そうなります。

1時間おきくらいを目安に、こまめに冷やし続けるということを意識してやってください。

 

次に、動かすと痛いという方は、まずは痛い動きをしないようにしましょう。

そして、痛い場所を温めるということを積極的にやりましょう。

日中であれば、痛い場所をホッカイロで温めると効果的ですし、お風呂も湯船に入るということが効果的です。

ただし、全身浴(肩までつかる)の場合は長く入れないことが多いため、40~42℃くらいのお湯に半身浴(腰くらいまでつかる)で30分というのがいいかと思います。

出来れば、みぞおちの少し下くらいまでつかると、より効果的と言えます。

 

そして痛みが強い時は、痛み止め(病院のでも市販のでも可)を使って痛みをコントロールするのも非常に効果的と言えます。

極力痛みを感じないようにしていくのが、激しい痛みを変化・改善させていくために必要ですので、上記のことをお試しください。

 

何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

LINEの方が、スムーズにやり取りが出来ますので、是非LINEをご活用ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL