日本人に不足していると言われている栄養素とは?

ソース画像を表示

日本人に不足していると言われている栄養素があります。

それは、マグネシウムです。

 

マグネシウムは、300以上の酵素反応に関わる非常に重要なミネラルです。

例えば、

・エネルギーを作り出す

・消化を助ける

・筋肉の伸び縮みを助ける

・精神を正常に保つ

これらのことに欠かせない重要なミネラルなのです。

 

マグネシウムが不足してしまうと、以下のようなことが起きてしまいます。

・慢性疲労

・不眠

・生活習慣病

・足をつりやすい

・便秘

・頭痛

・肩こり

などになりやすくなってしまいます。

 

日本人にマグネシウムが不足してしまう原因としては、

・日本の土壌にミネラルが少ない

・食生活の欧米化

などが考えられています。

 

ですから、意識的にマグネシウムの豊富な食材を摂る必要があります。

マグネシウムが豊富な食材としましては、

青のり、わかめ、干しひじき、昆布、ごま、アーモンド、大豆

などがあります。

これらを意識的に摂取していきましょう。

それが難しい場合は、サプリメントに頼ってでも積極的に摂取していきましょう。

マグネシウムを摂取できはじめると、明らかに体調に変化が出るケースが多いので、様々な不調でお悩みの方で、何をやっても上手くいっていない方は、是非マグネシウムを積極的に摂取することを心がけてみてください。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にこちらのLINEからご連絡ください。

お電話での問い合わせの場合は、折り返しに時間がかかることがありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL