整骨院でよくある説明の間違い②

シリーズでお送りしていくお話の2日目になります。

本日は、整骨院や接骨院でよく言われる

「筋肉が硬くなっているから柔らかくしましょう」

ということについてお話いたします。

 

私は、この業界に入って15年目になります。

今まで様々なことを勉強し、症状改善のために何が必要なのかということを探求し続けてきました。

その中で、私自身の施術の経験も含めての見解を申し上げますと、筋肉の硬さを取って柔らかくしても改善しない症状がいっぱいあるということです。

整骨院や接骨院での説明や施術が間違っているとは言いませんが、硬さを取る1択の施術というのは視野が狭くなりがちで、イレギュラーなことが起きた時に対応出来ない場合が非常に多く、結局症状が改善しないということがとても多いのです。

ほとんどの整骨院・接骨院での施術で上記のようなことが言えるため、長く施術に通っても症状がほとんど改善しないというようなことがよく起きてしまうのです。

 

もちろん、筋肉の硬さが取れると症状が改善することもあります。

ですが当院ではもっと効率よく施術をして、結果的に筋肉の硬さが取れていくという施術をしていきます。

どんなことをするかということは、実際に来ていただいた方には詳しくご説明いたします。

当院に来ることをお悩みになっている方で、気になる方は個別でお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL