捻挫でやらなければいけないこと

足首の捻挫についてお話させていただきます。

足首を捻ったことがあるという方は、沢山いらっしゃると思います。

捻挫は正しい処置をしないと、痛みや腫れが取れにくかったり、再発しやすくなってしまったりしてしまいますので注意が必要です。

 

捻挫などの急性の外傷は、やらなければならない処置の方法があります。

その頭文字をとって、RICE(ライス)処置と言います。

 

Rest(安静)

Icing(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

 

この4つをやれば早期回復が可能ですし、腫れや炎症が残りにくいため、再発を防ぐことにも繋がります。

安静と冷却に関しては、読んで字の通りです。(笑)

圧迫と挙上が、ピンとこない方もいると思いますので、お伝えします。

圧迫に関しては、患部を包帯など(無い時はタオルで代用)で軽く巻いて圧迫してください。

圧迫しすぎるのも良くないので、圧迫される感じに関しても、圧迫されてるなぁ~くらいの感じで大丈夫です。

挙上に関しては、心臓より高く上げるということです。

上向きで寝て、足を高く上げればそれで大丈夫です。

 

このRICE処置に関しては、捻挫をしてから出来るだけ早い段階で出来るとより効果的です。

時間が経ってしまうと、あまり効果が発揮されない場合があるため、出来るだけ早くやってください。

足首の捻挫だけでなく、足首以外でもなにかケガをしてしまった場合には、是非このRICE処置をしていただければと思います。

急性期の外傷は初期治療がとても重要ですので、このことは是非覚えておいていただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL