慢性的な症状の厄介さ

ソース画像を表示

慢性的な症状というのは、厄介なことが多いです。

なかなか痛みが取れなかったり、痺れが残ってしまったり、違和感が残ってしまったりします。

当院では慢性的な症状でも、最短で症状を改善させるということを目指して施術させていただいております。

そして、沢山の結果を出して、多くの喜びの声をいただいております。

本日は、慢性的な症状がなぜ厄介なのか?ということをお話いたします。

 

慢性的な症状で悩んでいる方の多くは、当初はそんなに長く症状が続いていくなんて思っていません。

結果的に慢性的な症状になっているという方が多いです。

痛みというのは、はじめの方は原因が明確で、痛みが出るメカニズム的にもとてもシンプルです。

その時点で対処出来るのが理想的なのですが、忙しかったりするとなかなかそういうわけにはいきませんよね。

症状が慢性的な症状に移行していく場合、かばって動かす代償動作という動作を繰り返してしまうことにより、元々の痛みの場所や痛みの原因の部分が明確ではなくなっていきます。

つまり、痛む場所や痛みの原因が、かばって動かす代償動作のせいで増えていってしまうというわけです。

それが、慢性化させてしまう原因ですし、なかなか症状が変化・改善していかない理由というわけです。

当院では、痛みのメカニズムの部分に対しても、施術によりアプローチさせていただきます。

それが当院が、慢性的な症状でも最短で変化・改善させられる理由になります。

 

上記のことで、ご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は、LINEをオススメいたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL