当院の機械の仕組み②

本日は、当院の機械「マイオパルス」についてお話いたします。

「マイオパルス」は、組織の修復細胞を活性化させて再生させるということを主にしている機械です。

一般的な電気の機械と比べると、正直やっていることの次元が全く違います。

一昨日載せた「アキュスコープ」の仕組みと、基本的な部分は同じです。

違う点を言うと、「マイオパルス」は、患部の通電だけしかやっていません。

例えば腰に電気をかけるならば、腰の状態を読み取り、腰に電気を流すということをずっとやっている機械です。

だからこそ、その場所の組織の修復という部分と、その場所の細胞を活性化させて再生させるという部分に特化している機械ということが言えます。

 

特に、骨、筋肉、腱、靭帯に対しての施術の効果というのはかなり高いものがあります。

骨折全般、筋肉の損傷、腱の損傷、靭帯の損傷といった症状については、早期回復が可能ですので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

※骨折の場合で、ギプス固定をしている場合は、通電できないため早期回復は出来ませんのでご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL