夏バテの原因と対策

本日は、夏バテの原因と対策についてお話いたします。

みなさんは夏バテしたことありますか?

夏バテとは、胃や腸の機能低下により起こる胃や腸の疲れのことです。

夏場は汗を沢山かきますよね?

そうすると皮膚の表面に血流が集中し、胃や腸の血液量が減ることで胃や腸の機能が低下してしまい夏バテになってしまうというわけです。

 

夏バテになってしまうと、疲れが溜まりやすく、食欲も無くなってしまい、免疫力も下がってしまいます。

今年はそうなってしまう前に対策をしていきましょう。

対策としては3つです。

 

1、すっぱいものを食べる

梅干し、酢の物、レモン酢などを摂り胃液の分泌を促す

2、食物繊維を摂る

大根、ねぎ、とろろなどを摂り、消化の手助けをする

3、ネバネバな物を摂る

おくら、山芋、納豆などを食べ、胃の粘膜を保護する

 

この3つのポイントは、夏バテをしていても比較的食べやすい食事だと思います。

これを出来る限り日々の食生活に取り入れることで、胃や腸の機能低下を防ぐことができ、夏バテを予防することが出来ます。

はじめは出来ることからコツコツと、少しずつからはじめていきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL