変形性膝関節症の痛み

本日は、膝の痛みについてお話させていただきます。

当院に、天草から膝の痛みで治療に来られている方がおられます。

毎回1時間以上かけて来られています。

 

この方は最初は変形性膝関節症により膝が痛くて、歩くのもやっとといった状態で治療に来られました。

初回の治療後にも治療の効果を実感していただき、普通に歩いて帰られました。

先日2回目の治療だったのですが、痛みがかなり改善し普通に歩ける状態になっていました。

治療が終わってからも、さらに治療の効果を実感していただきました。

 

みなさんは、変形性膝関節症は良くならないと思っていませんか?

 

変形性膝関節症による膝の痛みには、大きく2種類あります。

1つ目が、骨が変形している途中に痛みが出てしまう場合です。

こちらの痛みに関しては、今の医学では解決出来ません。

変形が終わり、痛みが引くまで我慢するしかありません。

 

2つ目が、膝の周りの筋肉が硬くなってしまうことで動かした際に筋肉が引っ張ってしまい痛みが出てしまう場合です。

こちらの痛みに関しては、治療で改善出来ますし当院の治療ですと、とても高い改善率を誇っております。

原因となっている筋肉を見極め、適切な治療・通電で改善に導きます。

 

話を戻しますが、天草から来られている患者様は後者による膝の痛みだったため、早期の改善に至ったというわけです。

段階を踏んで治療を進めていきますので、この患者様には痛みが取れてからは次のステージの治療をしていきます。

 

膝の痛みを諦めている方、膝の痛みに関しても高い改善率を誇る当院に是非ご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL