四十肩・五十肩の対処法

11月になりましたね。

今年もあと2ヶ月!やり残したことがないように過ごしていきましょう。

 

本日は、四十肩・五十肩についてお話させていただきます。

四十肩や五十肩は、誰もが知っている疾患だと思います。

正式名称を「肩関節周囲炎」と言います。

知っていましたか?

その名の通り、肩関節の周りに炎症があるということです。

ザックリしていますよね。(笑)

四十肩や五十肩は、炎症がある場合と炎症がない場合があります。

炎症がある場合、特にジッとしてても強い痛みがある場合に関しては、暇さえあれば冷やすという感じで冷やし続けてください。

動かした時だけ痛むような場合は、炎症はありませんので、温めるようにしてください。

ジッとしてて痛むというのがなく、動かして痛い方は動かせる範囲(痛みが出ない範囲)で動かすのもとてもいいです。

500㎖のペットボトルに水を入れて、キャップの下の段差の所に人差し指と中指を挟んで引っかけて、ペットボトルの重みで肩から腕を振り子のように振るという動きも、とてもオススメです。

 

四十肩・五十肩の方で、上記のやり方でも痛みが取れない方や、どこに行っても良くならない方は、当院までご相談ください。

きっとあなたのお力になれると思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL