原因不明と言われている症状のほとんどの原因はこれだ

ソース画像を表示

様々な痛みや不調がある中で、病院に行って詳しく調べても原因が分からないと言われることがよくあります。

最近、当院に来られた方の話ですと、約2年間、両足の先にしびれがあり、この2年間で10~15件くらいの病院や整骨院に行かれたそうです。

どこに行っても原因は分からないと言われ、一生しびれと付き合っていくしかないと言われたり、精神的なものだから心療内科に行きなさいと言われたり、納得いく診断をしてくれる場所は今までに1件もなかったそうです。

別の方の話ですが、毎日日替わりで全身のどこかに激しい痛みが出てしまう方も、どこに行っても原因不明と言われてしまい、どこに行っても最終的には心療内科を勧められるとおっしゃっていました。

その方は、どこの病院でも、最終的には頭がおかしいやつ扱いをされてしまうんですとおっしゃっていました。

そのお2人とも、もちろん実際にしびれや痛みがとても辛い状況でした。

ですが、病院でそのような対応をされてしまうと、ご本人たちも物凄くショックだと思いますし、病院で分からないのであればどこに行けばいいのか分からなくなり、絶望感を感じてしまいますよね。

 

原因不明の症状の多くは、自律神経の乱れが関わっています。

自律神経とは、興奮状態の時に優位になっている交感神経と、リラックスしている時に優位になっている副交感神経からなります。

交感神経と副交感神経のバランスが乱れている状態を、自律神経が乱れている状態と言います。

原因不明の症状の方の多くは、交感神経が優位になりすぎていることがとても多いです。

ですから、副交感神経が優位になっていくと、原因不明の症状が変化していくケースが多いです。

リラックス出来る方法、つまり副交感神経が優位になる方法が自分自身で分かっていると、原因不明の症状というのは症状が出にくくなっていきます。

 

本日は、セルフケアで出来る自律神経の整え方をお伝えいたします。

その方法とは、呼吸法です。

大きく息を吸った時にお腹を膨らませ、大きく息を吐いた時にお腹がへこむ呼吸のことを、腹式呼吸と言います。

その腹式呼吸を、口呼吸だけでやってください。

口をすぼめた状態で大きく口から息を吸い、大きく口から息を吐いてください。

その方法で、30秒から1分間やってみてください。

1日の中で、出来る限り沢山時間を作ってやるのが理想的ですが、1日の中で3~5セットくらいからはじめていただいても構いません。

 

呼吸法を意識して行うだけで、自律神経が整っていきます。

続けてやっていただけると、効果を感じる時が来ますので、地道にコツコツと続けてやってみてください。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせの場合ですと、折り返しに時間がかかってしまう場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL