危険な食べ物

トランス脂肪酸の危険性について

みなさんは、トランス脂肪酸って聞いたことがありますか?

トランス脂肪酸とは、不飽和脂肪酸に水素を添付して固形に科学変化させて作られたものです。

自然にあるものではなく、科学的に作られたものになります。

簡単に言うと、人工的に作られた危険な油ということです。

アメリカではすでに、規制がはじまっており、米国食品医薬品局(FDA)では、2018年6月以降トランス脂肪酸の食品への利用を禁止すると発表しました。

 

では、トランス脂肪酸を身体に入れてしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

トランス脂肪酸は、体内での消化・分解がとても難しく、ビタミン・ミネラルを大量消費してしまいます。

さらに、悪玉コレステロールが増加して、善玉コレステロールが減少することで、動脈硬化脳梗塞心筋梗塞の原因になってしまいます。

そして、美容にも大きな影響があります。

活性酸素が発生するため、シワやたるみの原因になります。

さらに、ニキビや吹き出物の原因にもなってしまいます。

 

トランス脂肪酸が含まれている食品としては、

ショートニング(菓子パン)

マーガリン

コーヒーに入れるフレッシュ

市販の揚げ物

サラダ油

スナック菓子 など

 

製パン業界では、トランス脂肪酸のことは死活問題として非常に力を入れて取り組まれており、製パン業界最大手の山崎製パンでは、全製品でトランス脂肪酸を大きく低減したとホームページで強調されています。

ホームページを見てみると、パン類から洋菓子までの多くの製品がトランス脂肪酸含有量0%となっています。

 

スーパーやコンビニで食品を選ぶ際は、原材料をしっかり見て、トランス脂肪酸が含まれないものを選ぶようにしましょう。

5年後、10年後、さらにその先も健康でいられるように、食べる物の見直しは必須だと思います。

少しずつはじめていきましょう。

 

当院の施術を受ける受けないに関係なく、上記のことでご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL