マッサージの良し悪し

ソース画像を表示

肩こりや腰痛で悩んでらっしゃる方は、コリや痛みを緩和させたくて、マッサージに通う人もいるかと思います。

マッサージには、皮膚をさすったり筋肉を揉んだりすることで血流をよくし、皮膚や筋肉を緩めることが期待出来ます。

しかし、マッサージというのはやり方ややる場所を間違えると逆効果なこともあるのです。

緩めてはいけない筋肉をマッサージをすることにより、逆に筋肉を緊張させてしまい、コリや痛みがさらに強くなることもあります。

緩めてはいけない筋肉というのは、家で例えるなら家の支柱のようなものです。

体の支柱となる筋肉が緩んでいたら、体を支えることが出来なくなり、身体のバランスや安定感が失われます。

バランスや安定感が失われてしまうと、身体を安定させるために他の部分の筋肉が頑張らなくてはならなくなり、それによりコリや痛みが起きてしまいます。

 

そして、マッサージは強ければ強いほど効果があると思ってらっしゃる方や、強い刺激のマッサージでないと満足出来ない方に関しては、そのこと自体が症状を改善させることを妨げてしまっていることが多いということを知っていただきたいです。

さらに、そのようなマッサージに慣れてしまっている方は、症状が改善するようになるまでにはとても時間がかかってしまいます。

 

マッサージが悪いというわけではありません。

マッサージで改善しないと言っているわけでもありません。

適切な場所に、適切な力加減でマッサージが出来ると、非常に効果的です。

その反面、適切な場所に適切な力加減でマッサージが出来ないと、症状の悪化を引き起こすリスクがあるということを知っていただきたく、本日はこのような内容でお書きしました。

 

上記の内容で、何かご質問があればお気軽にお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL