ストレッチをする時の注意点について①

ソース画像を表示

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

本日から、ストレッチについてシリーズでお話いたします。

本日が1回目ということで、ストレッチをどれくらいの時間すればいいのか?ということをお話いたします。

これも、患者様からの質問の内容としてはとても多い内容になります。

 

よく、病院や整骨院・整体院でストレッチの指導をされる時に、30秒を〇〇セットするようにと言われることが多いです。

30秒で区切ってするストレッチというのは、上級者向けになります。

YouTubeやInstagram等で、ストレッチのやり方を配信している先生が最近ではとても多くおられますが、そのような媒体を活用するのもとてもいいやり方だと言えます。

やり方がとても分かりやすく、ストレッチの目的もとても明確な先生で、私がオススメする先生がおられます。

個別でお教えしますので、お気軽にお尋ねください。

 

ストレッチをする習慣がない方で、これからストレッチをはじめていく方の場合、30秒で区切ってストレッチをしてしまうと、まず続きません。

実際に30秒のストレッチをしていただけると分かるのですが、30秒はとても長く感じます。

かつ、伸ばしている感覚というのが途中からほとんどなくなってしまいます。

それではほとんど効果がなく、ただやっているだけの状態になってしまいます。

そもそも、ストレッチというのは続けてしなければ意味がありません。

やったりやらなかったりするやり方では、まず効果を感じられません。

ですから、続けれるやり方で続けれる回数や秒数でやり続けるというのを意識してやるようにしてください。

歯磨きのように、習慣化させることを目標に、コツコツやり続けていきましょう。

コツコツ続けるコツとしては、無理をしないことです。

少ない回数、少ない秒数でもいいので、必ず1日1回は身体に向き合う時間を作るようにしましょう。

ストレッチ以外でも、最近ではフォームローラーやマッサージガンのような、セルフケアをするための便利な道具が売っていますので、お持ちの方はストレッチの代わりにそのような物を使ったセルフケアをしていただければと思います。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL