ストレッチの種類

ストレッチには、大きく分けて2つの種類があるのをご存知でしたか?

やり方によって、人それぞれ合う合わないがありますので、自分に合った方法でやってみてください。

 

1、静的ストレッチ

読んで字のごとく、動きを止めてストレッチをする方法です。

ストレッチと聞いて、大半の方が思い浮かぶのがこちらだと思います。

デメリットを言うと、伸張反射という反射が出てしまうと効果がほとんどありません。

(※伸張反射とは、ストレッチをしている際に痛みを伴う場合によく起きるのですが、それ以上筋肉を伸び縮みさせないように反射的に力を入れてしまうことです。)

 

2、動的ストレッチ

動かしながらストレッチをやる方法です。

意識していないだけで、意外とみなさんやったことがあるやり方です。

軽い負荷をかけて同じ動きを繰り返すという感じです。

個人的には、私はこちらのやり方の方が好きです。

 

最初にも言いましたが、静的なストレッチが合う方もいれば、動的なストレッチが合う方もいます。

一概にどちらがいいとは言い切れませんので、自分に合ったやり方を探して身体のケアを続けてやっていただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL