シンスプリントでも最短での改善に導きます

シンスプリントという名前は、スポーツをやっている方や、やっていた方は聞いたことがあると思います。

シンスプリントを日本語で言うと、骨膜炎と言います。

その名前の通り、骨の表面にある骨膜という部分が炎症を起こしている状態です。

主に、成長期の中高生に多い疾患です。

なぜなるかと言うと、簡単に言えばオーバーワーク(やりすぎ)です。

練習量が多すぎて、ケアが追い付いていない時によく起こります。

疲労が溜まり、筋肉に硬さが起きてしまうと、筋肉が伸び縮みをする際に筋肉が付いている骨の部分に負荷がかかり痛みに繋がります。

ですから、原因となっている筋肉に対して硬さを取ることが出来ると、痛みが良くなっていくと言われています。

ここまでの施術であれば正直誰でも出来ますし、施術が上手い下手に関係なくある程度結果を出せます。

 

ただ、筋肉の硬さを取るだけの施術では、ほぼ100%再発します。

なぜなら、根本的な部分が全く改善していないからです。

根本的な部分は、身体のバランスの悪さや重心の位置の問題、足首の動きの悪さなどにあります。

そこに対しての施術が出来ない限り、再発を防ぐなんてことは絶対に出来ません。

しかも、手技だけの施術で身体のバランスを良くしたり、重心の位置を安定させるなんて言うことは、まず不可能です。

患者様自身が、バランスが良くなったり重心が安定したと錯覚してしまうようなテクニックがいくつかありますので、直接ご連絡いただいた方や、実際に来てくださった方には、そのからくりをお伝えいたします。

 

当院では、インチキも茶番も一切なく、特殊な電気の機械を使って左右の身体の軸のバランスや重心の位置を安定させるということをやっていきます。

効果に関しては、様々な研究による根拠がありますので、間違いありません。

シンスプリントの施術で、間違いなく再発する痛い部分だけの施術をする一般的な施術と、痛い部分はもちろん全身からアプローチしていき再発のリスクを極限まで低くする当院の施術とでは、考えなくてもどっちがいいかは分かりますよね?

選択するのは患者様ご自身ですので、私の言うことを信じてご連絡いただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL