サポーターやコルセットについての疑問

本日は、サポーターやコルセットについてお話させていただきます。

サポーターやコルセットに関しても、患者様からの問い合わせが多くあります。

問い合わせのほとんどが、いつまでサポーター(コルセット)をつけて生活していいのかというものです。

サポーター(コルセット)にも様々なものがあります。

強度も様々ですが、固定力も様々です。

病院で購入するサポーター(コルセット)に関しては、基本的には風呂と寝る以外はつけておくように言われます。

ですが、ずっとつけっぱなしにしていると筋力が落ちてしまいます。

普段自分の筋肉の力で支えていたものをサポーター(コルセット)に支えさせるとなると、つけっぱなしにすればそりゃあ筋肉が落ちますよね。

筋肉が落ちてしまうと、サポーター(コルセット)を外した時に自分の筋肉で支えられなくなりますので、再発・悪化のリスクがとても高くなってしまいます。

 

当院のサポーターやコルセットに対する考え方は、1つだけです。

サポーター(コルセット)をして痛みが軽減する方に関しては、痛みが強い場合はサポーター(コルセット)をつけてください。

しかも1日中つけてていいです。

患者様からも、意外な意見だとよく言われます。(笑)

ですがこれにもちゃんとした理由があります。

 

痛みがある時というのは、その場所以外の所に影響が出てしまいます。

ですから、痛みがある時は筋肉が落ちてしまうことよりも、痛みを感じないことを優先させましょう。

日に日に痛みが軽減してくれば、1日の中でサポーター(コルセット)をつけている時間を、短くしていきます。

 

サポーターやコルセットは、痛みをコントロールするものという感覚で使っていただくといいかと思います。

長くつけていると、怖さから外せなくなります。

痛みが軽い方に関しては、勇気を持って積極的にサポーター(コルセット)を外していきましょう。

 

どうしても痛みが取れない場合は、当院までご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL