ふくらはぎの重要性

みなさんは、第2の心臓と呼ばれている所がどこか知っていますか?

答えは、ふくらはぎです。

 

なぜふくらはぎがそう呼ばれているかと言いますと、筋肉の力で血液循環をやっているからです。

心臓から出た新鮮な血液が全身を循環して、足の先までいきます。

足先にいった血液は、心臓に戻して新鮮な血液と交換していくのですが、その際に血液を足先から身体の方へ戻すことをにふくらはぎの筋力を使ってやっているということです。

ですから、ふくらはぎがやっていることは、心臓とほとんど同じなのです。

 

足がむくみやすい方や、つりやすい方、股関節や膝関節やアキレス腱などの痛みや不調がなかなか良くならない方は、ふくらはぎの筋肉の硬さをとった上で筋力をつけると症状の改善がみられることがあります。

ふくらはぎのストレッチや道具を使ってのケア、ふくらはぎの筋力をつけるようなトレーニングなど、出来ることからはじめてみてください。

やり方が分からない方は、お気軽にお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL