すねが痛い

ソース画像を表示

シンスプリントという名前を聞いたことがありますか?

多くの方は聞いたことがないかと思います。

運動経験者の方は、聞いたことがある方もおられるかと思います。

 

シンスプリントとは、明らかな疲労骨折がなく、すねの内側の下の方に痛みを訴える病態とされています。

競技の種類によって、痛む場所に多少の違いがあります。

別名、骨膜炎過労性骨膜炎とも言われています。

 

反復する運動、いわゆるランニングやジャンプを繰り返すことによって誘発されてしまいます。

訴えとしては、患部が鈍くてズキズキするというのが一般的です。

 

シンスプリントを発症した人たちの多くが、足首の動きが悪いという報告もあります。

当院では、痛む場所はもちろん、足首の動きに関しても施術によりアプローチをかけていきます。

それが同時に出来るため、最短での症状の改善という部分が達成出来るのです。

 

シンスプリントは、よく安静にするように言われます。

大会直前などの理由で、安静にするということが現実的に難しいということも多々ありますので、その方の状況に合わせて最善な施術をさせていただければと思います。

私は、不可能を可能にする施術が出来ます。

 

上記のことで、ご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL