良い姿勢の勘違い

本日は、良い姿勢の勘違いについてお話いたします。

「猫背矯正」や「姿勢矯正」をうたってやっている整骨院は沢山あります。

ここ最近の整骨院の特徴としては、保険請求が厳しくなっていることにより自費のメニューを取り入れているということがあります。

自費のメニューの中でも特に多いのが、この「猫背矯正」や「姿勢矯正」や「骨盤矯正」といったものです。

このようなものに関しては、患者さん本人が自覚していてもどの程度悪い状態になっているかということが明確に分からないがゆえに、常に整骨院主導で話が進んでしまうということがあります。

ですから患者さんからしたら、言いくるめられやすいということが言えます。

特に整骨院のような保険診療だけをやってきた人たちというのは、話を大げさにしたりごまかしたりすり替えたりが上手な人が多いため、このようなメニューははじめやすく続けやすいですし、患者さんにとって変化や経過が分かりにくいからこそ、変化を求めて続けて通ってしまう方が多いと言えます。

実際に、いつまで通ったら猫背が改善するかも不透明ですし、良い姿勢になっているかが自分の感覚では分かりにくいため、整骨院側の言いなりになってしまうと、一生通わなければいけなくなります。

よくそのような整骨院で、患者さんに対して説明する際に勘違いされていることがあります。

良い姿勢=胸を張りましょう

という先生に巡り合った方は、今すぐその整骨院に通うのはやめてください。

そういうことを言う先生は、ネットで調べた程度の知識しかありません。

回数券を買っていたら、すぐに残りの金額の返金を求めてください。

 

良い姿勢を手に入れるために、胸を張るという行為は間違いではありません。

ですが胸を張るという意識を持つことは、首や肩や背中の筋肉に負荷をかけてしまい、逆に猫背などの悪い姿勢を悪化させてしまう恐れしかありません。

そこで大事なのが、胸を張るという意識ではなく、あることをして結果的に胸が張れているという状態を作り出すことです。

そこの意識の違いだけで、良い姿勢が簡単に手に入るようになります。

そのために何をしなければいけないのか、その方法を詳しく知りたい方は、是非お問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL