立っている時の正しい姿勢

本日は、立っている時の姿勢についてお話させていただきます。

当院の患者様にも姿勢については沢山お問い合わせをいただいております。

実際、姿勢が症状を悪化させてしまっていることはかなり多いですし、なかなか良くならないことにも姿勢が関わっている場合もとても多いです。

ですから、普段からの姿勢には注意して意識して生活していきましょう。

 

立っていることが多い方に関しては、重心の位置がとても重要になってきます。

人間の本来の重心は後ろ(かかと)になければなりません。

ですが、どこかに痛みや不調がある方に関しては、前方(つま先)に重心があることが多いです。

そうなってしまうと、身体のバランスが崩れたり、余計な所に負担がかかってしまうということに繋がってしまいます。

本日お伝えするのは、重心の位置を後ろに変える姿勢についてです。

先ほども申し上げましたが、人間本来の重心は後ろ(かかと)にないといけません。

立っている時は、かかとに意識を置いて真っ直ぐ上に伸び上がるような姿勢を意識しましょう。

細かいことは、来ていただいた方にはお伝えするのですが、かかとに重心を置いて、耳たぶとかかとを直線でつなぐように立っていただくと、とてもいい姿勢になります。

 

かかとで立つということを意識して生活してみると、それだけで症状が改善する方もなかにはいらっしゃいます。

是非試していただければと思います。

かかとに重心を意識しても症状が改善しない場合は、当院までご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL