姿勢を正しくした時にどこを意識してますか?

台風通過で被害はなかったでしょうか?

せっかくの3連休の最終日に後片付けをしなければいけなくなった方もいらっしゃると思いますが、頑張ってください。

朝晩と日中の寒暖差が大きくなっていますので、体調管理にも気を付けて過ごしましょう。

 

今日は正しい姿勢での意識の置き方についてお話させていただきます。

最近、テレビの情報番組などで健康情報が流れることが多いですよね。

その中で、姿勢の話をすることもあります。

見ていてテレビの情報が必ずしも正しいと言い切れないと思うことが多々あります。

残念なことに、特に意識の置き方で逆に不調が悪化しかねない言い方をしている事がよくあります。

 

姿勢の悪さは、様々な不調を引き起こすことが多くあります。

以前膝の痛みで当院に来られていた方の中に、治療の前に姿勢の指導をさせていただいた方がいらっしゃいます。その方の場合は、身体を触る前に膝の痛みが無くなってしまいました。

いかに姿勢が大事かが分かった瞬間でした。

 

話を戻しますが、整骨院や整体院で姿勢の話をされるほとんんどの方が、胸を張るように意識させることがあります。

もちろん、テレビの情報番組でもそうです。

この意識で姿勢を良くしてしまうと、背中や肩や首に逆に力が入ってしまうことになり、なかなか良くならなかったり、悪化してしまったりしてしまいます。

ではどこに意識を置くかと言いますと、

「胸を張る」ではなく「上に真っ直ぐ伸び上がる」

というところに意識を置きます。

分かりやすく言うと、頭を上に引っ張られているような感覚です。

その結果、胸が張れてるという状態がベストです。

 

「胸を張る」から「結果的に胸が張れてる」へ

意識を変えて生活していきましょう。

先ほども言いましたが、姿勢を良くすると不調が改善される方も沢山いらっしゃいます。

それでも不調が改善されない場合は、当院までご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL