腰痛の方へ ~正しい座り方~

本日は、正しい座り方についてお話させていただきます。

 

日本人で腰痛持ちの方というのは、実に80%以上いると言われています。

国民病と言ってもいいと思いますが、日常生活での姿勢や仕事中の姿勢など、普段の姿勢を意識するだけで改善することがあります。

重症な方はそれくらいだと改善しないのですが、重症ではない方はそれだけで改善することが多いです。

ですので、お伝えすることをやっていただいても改善しない方は、自分の症状は重症だと思ってください。

 

まず、座っている時も立っている時も重心を後ろにすることを心がけましょう。

腰痛持ちの方というのは、前重心になっている方が多く、その積み重ねが腰痛に繋がることが多くあります。

重心の位置を後ろに変えるだけで症状が改善する方がいます。

ですので、何をするにも後ろに重心を置くことを意識をして生活してみてください。

 

本題の座っている時の姿勢ですが、椅子の場合は、一番深くまで座っていただき背もたれに背中をつけて、楽な状態で座っていただくのが一番いいです。

床に直接座る場合は、正座が一番いいのですが、長時間は難しいのであぐらをかいて頭を上に引っ張られるような感覚で座ってください。

女性であぐらをかくのに抵抗がある方は、正座で耐えていただくか、体操座りで後ろに重心を置いて背筋を伸ばして座るといいです。

変に意識をしてしまい、余計なところに力が入ってしまうといけないので、出来るだけ背筋を伸ばした状態で身体の力を抜ける状態にするのを心がけましょう。

 

実際に治療に来られた方には、もっと詳しくお話させていただきます。

日頃の姿勢や重心の位置を正しいものにして、腰痛のない快適な生活を手に入れましょう!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL