ぎっくり腰の本当の原因

ぎっくり腰で病院や整骨院・整体院に行き、

「クセになっている」

と言われた経験はありませんか?

「クセになっている」

という表現だと言葉足らずすぎます。

 

本日は、ぎっくり腰の本当の原因についてお話いたします。

ぎっくり腰の本当の原因は、腸腰筋の硬さです。

腸腰筋の硬さにより身体の動きが制限されてしまい、腰の筋肉に負荷がかかることにより起きてしまいます。

腸腰筋と聞いて、どこの部分にありどんな筋肉かということが分かる方は、ここで読むのをやめてもいいです。

ほとんどの方が聞き馴染みのない名前の筋肉だと思います。

腸腰筋とは、下の図のように大腰筋という筋肉と、腸骨筋という筋肉の2つからなります。

この図は、身体を前側から見た図です。

この腸腰筋は、前から見た時に一番奥にあります。

腸腰筋の手前に内臓(小腸、大腸)があり、さらにその手前に腹筋があります。

ですから、直接は触れない筋肉になります。

 

この腸腰筋に硬さがあると、身体の動き(特に腰の骨、股関節、骨盤)が制限されます。

そのせいで、腰に負荷がかかってしまうということが、大半のぎっくり腰で起こっています。

ですから、腸腰筋の硬さが取れればぎっくり腰が起こるリスクはとても減りますし、万が一ぎっくり腰になってしまっても軽傷で済むということになります。

逆に言うと、腸腰筋の硬さが取れなければ、ぎっくり腰を再発するリスクはかなり高いと言えます。

 

ただ単にクセになるのではなく、腸腰筋の硬さが残っているとクセになるというのが正しい表現になります。

 

腸腰筋に対して、直接触って硬さを取るのは不可能ですし、一般的な電気の機械でアプローチするのも不可能です。

当院の施術では、その不可能を可能にしていく施術をしていきます。

手が届かない部分や一般的な電気機器でアプローチ出来ない部分に対してどんな施術をするかは、実際に来ていただいた方にはお話いたします。

腸腰筋の硬さを取って、ぎっくり腰とは無縁の生活を手に入れましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL