四十肩、五十肩について

本日は、四十肩や五十肩についてお話いたします。

四十肩と五十肩は、呼び方が違いますが、40代で起きるか50代で起きるかで呼び方が違うだけですので、全く同じ症状のものです。

 

四十肩や五十肩の原因は、1つです。

それは、肩甲骨の動きの悪さにあります。

 

そもそも四十肩や五十肩の方は、腕をあげると痛むことが多いです。

※あげる角度(前にあげるか後ろにあげるか)で痛みの強さが違うことが多いのですが・・・

 

肩関節の可動域(動く範囲)は、120°です。

あれっ?

と思った方は鋭いです。

そうです。

肩は、180°まで動くんです。

実際に、120°までは肩関節だけの動きだけで動かせます。

120°以上の動きをする時に、肩甲骨が連動して動くことにより動かせるというわけです。

ですから、120°以上の動きの時に肩甲骨の動きが悪い方は、肩関節に負荷がかかってしまい痛みが生じるということです。

 

肩甲骨の動きの悪さの要因として、肩こりがあげられます。

長年の肩こりを患っている方は、背中の筋肉の硬さももちろんありますので、年齢を重ねた時に四十肩や五十肩のリスクは非常に高いです。

 

四十肩や五十肩にまだなっていない方は、背中の筋肉の硬さを取り、肩甲骨の動きを意識して生活していきましょう。

四十肩や五十肩になってしまっている方は、とにかく肩甲骨の動きを出して、肩関節に負荷がかからないようにしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL