整体院と整骨院・接骨院の違い

本日は、整体院と整骨院・接骨院の違いについてお話させていただきます。

 

整体院と整骨院・接骨院の違いは、大きく言うと2つあります。

1つ目が、保険が使えるか使えないか。

2つ目が、国家資格(柔道整復師)を持っているか持っていないか。

この2つです。

 

1つ目に関しては、整骨院・接骨院は健康保険が使えますので比較的安い金額で施術を受けられます。

ただし、これにはみなさんが知らない重要なことが隠されているのはご存知ですか?

整骨院や接骨院に行くと、どんな症状でも健康保険を使って施術をすると思います。

整骨院や接骨院での健康保険の取り扱いは、急性期の外傷だけとなっております。

いわゆるケガだけです。

ですが実際は、ほとんどの整骨院・接骨院では肩こりや腰痛などの慢性的な症状でもいろいろな工夫をして不正な保険請求をしています。

知らない間に不正請求に加担してしまっているということが多々ありますし、当院でも患者様からそのような相談を受けることがよくあります。

みなさんの納めた大切な税金が、そのような不正に請求された医療費に使われているのです。

 

2つ目の国家資格(柔道整復師)を持っているかに関しては、最近は当院のようなイレギュラーな整体院も増えてきているため、一概には言い切れません。

最近は医療系の国家資格(柔道整復師、鍼灸師、理学療法士など)を持っていて、整体院を開業する方も増えてきています。

熊本の整骨院・接骨院に関して言うと、無資格者をあたかも柔道整復師かのように働かせているケースが少なくありません。

私が把握しているだけでも十数件はあります。

これにも実は、しっかりとした訳があります。

柔道整復師を養成する専門学校は、全国に約120校あります。

そんなに沢山あるのにも関わらず、熊本には1校もありません。

ですので、熊本の整骨院・接骨院に関しては常に深刻な人手不足に陥っている所が多いのです。

そのため、無資格者を雇ってしまうというケースが多くあるようです。

白衣を着て仕事をしてしまうと、どの人が資格を持っていてどの人が資格を持っていないかは分からないですよね。

私だったら、身体の痛みや不調がある時に無資格者の人に身体を診てもらいたくありません。

 

確かに国家資格を持っていなくても豊富な知識を持っていて、素晴らしい治療をし結果をバンバン出されている治療家はいらっしゃいます。

国家資格を持っていても、知識もない治療も出来ない結果も出せない治療家も沢山います。

問題なのは、無資格者が資格を持っている風に振る舞い仕事をしてしまっていることだと思います。

残念ながら熊本の整骨院・接骨院には、そういう人が多く在籍しています。

 

整体院にしても、整骨院・接骨院にしても、どこに治療に行くかを選ぶのは患者様自身です。

整骨院や接骨院が悪いという訳ではありませんが、身体が悪くて治療に行くところではないと思います。

本気で症状を改善させたかったら、整骨院や接骨院には行くべきではないと思います。

治療院を探す時に、どうしても金額などの目先のことが気になってしまいがちですが、自分の生活や身体の未来のためにも正しい選択をしていただきたいなと切に願っております。

当院を選んで治療に来てくださる方に関しては、改善に向けて私の全経験を注ぎ治療させていただきます。

お身体のこと、お気軽に何でもご相談下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL