膝の痛みの勘違い

今日は、膝の痛みの勘違いについてお話いたします。

整形外科ではよく、

軟骨がすり減っていて痛くなっている

と言われると思います。

これはウソです。

なぜなら、軟骨には痛みを感じる痛覚が存在しないからです。

痛みを感じる痛覚がないのに、痛みを感じるなんてありえませんよね。

なぜ病院がそのような説明をしてしまうのか?

その詳細については、来てくださった方にはお話いたします。

 

では、なぜ痛みを感じているのでしょうか?

というか、何の痛みなのでしょうか?

 

これについては一概には言い切れませんが、ほとんどの場合で筋肉の硬さによるものが痛みの原因のことが多いです。

私が長年施術をしている感覚ですと、膝の痛みの大半が筋肉の硬さによるものです。

ですから、筋肉の硬さが取れていくと症状が落ち着いていき、筋力をつけていくと再発しなくなります。

当院では、そのような形で施術を進めてまいります。

なかなか膝の痛みが改善しない方、どこに行っても同じ結果しか感じたことがない方、一度私の施術を受けていただくと施術に対する考え方が変わるかもしれません。

お気軽にお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL