膝に注射していませんか?

みなさんは、膝に水が溜まっていると言われて、注射で抜いたことはありませんか?

現在も定期的に水を抜きに行っている方は、絶対に良くならないので直ちにやめてください。

 

そういう方は自分が一番自覚があると思いますが、そのやり方で膝の痛みが良くなったことがありましたか?

 

腫れぼったい感じが改善したことがありましたか?

 

注射した直後はいいなと思って、実際に腫れぼったい感じも無くなったと思うのですが、時間が経つと元に戻っていませんか?

 

病院のそのようなやり方は、通わせるために全て計算されているやり方です。

 

水溜まる→水を抜く→水溜まる→水抜く

 

大多数の病院は、この無限ループになるということを分かった上でそういう治療しかしません。

個人的には、このようなやり方を治療と呼んでしまうこと自体、いかがなものかと思ってしまうのですが・・・(笑)

 

そもそも水が溜まる状態というのは、膝で炎症が起きている状態なのです。

炎症が起きていることに関しても、必ず原因があり、そのほとんどが膝ではないところにあったりします。

 

当院の治療は、その原因を探し出し、その原因に対して治療をしていきます。

ですから当院は、高い改善率で治療が進んでいくということになります。

 

どこに行っても良くならなかった膝の痛み、当院に任せてみませんか?

私が改善に導けるように治療しますので、悩まれているようでしたら、是非私にご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL