1段階上の坐骨神経痛の施術

坐骨神経痛は、症状を改善させることが難しいと言われています。

それは、坐骨神経がとても深い場所を通っていることにあります。

坐骨神経を刺激や圧迫していると考えられている梨状筋という筋肉があるのですが、その梨状筋は非常に深い所にあるため表面からは触れません。

ですから、手技(マッサージ)での施術で硬さを取るということが不可能になります。

それなのに、ほとんどの整体院や整骨院では、手技だけのアプローチで症状を変化させようとしています。

どうアプローチをしても、手技だけで硬さを取ることが不可能なことというのは、図を使って説明すれば、小学生でも分かることです。

 

そもそも坐骨神経痛とは、症状の1つにすぎません。

風邪で言うと坐骨神経痛というのは、鼻水や咳が出るや熱があるという症状の部分に位置付けられます。

ですから「風邪」のように、坐骨神経痛にもおおもとの何かがあるということです。

坐骨神経痛の施術は、梨状筋の硬さを取る前にやるべきことがありますので、それをすっ飛ばして梨状筋にアプローチしている施術を見ると、そりゃ無理だろうと思ってしまいます。

実際、一般的な整体院や整骨院の施術は、そのやるべきことを理解出来ておらず、いきなり梨状筋の硬さを取ろうとしているケースばかりです。

だから、一般的な整体院や整骨院のほとんどでは良くならないのです。

 

当院の坐骨神経痛の施術は、おおおもとの部分に対して行っていきます。

おおもとの根本的な部分が改善していくとほとんどの坐骨神経痛が症状に変化が出てきます。

ですから当院の施術は、改善率が高く、再発率が低いという施術が可能になります。

どこに行っても症状が良くなってこなかった方は、根本的な部分に対しての施術がされなかったということになります。

もう、病院や整体院や整骨院に時間やお金を使うのは、当院で最後にしましょう。

好きなことに時間とお金を使える生活を取り戻しましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL