首のヘルニアの症状

ソース画像を表示

首のヘルニアのような症状が出ていて、その症状をネットで調べたりして、首のヘルニアかもしれないなと思ってらっしゃる方から、よく質問をいただきますので、本日は首のヘルニアの症状についてお話いたします。

 

そもそもヘルニアとは、分かりやすくザックリ言うと、首の骨と骨の間にある椎間板という柔らかい軟骨が後ろに飛び出してしまい、神経に触れたり圧迫してしまい様々な症状が出るというものです。

よく病院では、首のヘルニアではなく頚椎症という診断名で診断される方もおられます。

首のヘルニアと、頚椎症は、似たような症状が出る場合もあります。

何が違うのかと言いますと、頚椎症は骨そのものに異常が起きているということです。

ですから、加齢に伴っていくのが頚椎症ということになります。

 

首のヘルニアの症状についてお書きいたしますが、首のヘルニアにも様々な症状がありますので、診断名を確定させたい方は、速やかに医療機関を受診され検査を受けていただくことをオススメいたします。

 

ある程度軽症の場合の症状は、首の後ろや肩や腕に起きる痛みやしびれです。

軽症という表現でお話していますが、これらの症状は少なくとも日常生活は送ることが出来るという意味で、軽い症状と表現しています。

痛みやしびれに関しては、片方の腕だけだったり、片方の肩だけだったりということも、よくあります。

少し重症化してくると、手の動きが悪くなってきて、上手く動かせないような麻痺のような症状へと進行していきます。

例えば当院の患者様の中にも、スポーツジムへ行ってトレーニング中に、無理な首の姿勢をとってしまい、突然手がしびれて力が入りにくくなり、指先の動きが悪くなってしまい、徐々に首の痛みも強くなったという方がおられます。

 

上記の症状というのは、割と多いパターンの話です。

当院に来られる患者様の症状も、必ずみなさん違います。

全く同じ痛みやしびれで来られた方は1人もおられません。

ですから上記でも言いましたように、何か疑わしい症状が出ている場合は、速やかに医療機関を受診していただき、結果が分かった状態で、当院や他の整骨院・整体院で施術を受けると、施術の効果も出やすいかなと思います。

特に首のヘルニアのような、難治性の疾患に関しては、早めの対処が早期改善のカギになっていきますので、迷わず医療機関を受診していただければと思います。

 

首のヘルニアについて、気になることがあれば、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

LINEでのお問い合わせでしたら、休診日や診療時間外でも対応していますので、気にせずご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL